TOPページへ

あざ(母斑) について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、あざ(母斑) について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

あざ(母斑) について詳しく

あざ(母斑)
【病名(ひらがな読み)】
(あざ(ぼはん))

【概要や症状の説明】
アザ(母斑)とは、皮膚に生じた赤や青などの斑紋の俗称です。
赤っぽい色の母斑は、赤母斑、青っぽい色は、青母斑など、
あざの色によって呼び方が少し変わります。先天性のものは、
母斑(ぼはん)と言います。後天性の母斑は皮下出血や紫斑と言います。



母斑とは、皮膚の色や形の異常を示す先天性組織異常です。
出生時にすでに存在していて、後年になって現れます。
俗に、青あざ、黒あざ、ほくろ、などと呼ばれています。
母斑の治療方法はいくつかあり、皮膚科や形成外科や
美容外科にて、手術やレーザーを使用する方法などがあります。

【初診に適した診療科】
皮膚科、形成外科、美容外科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所、総合病院、大学病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所、総合病院、大学病院




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.