TOPページへ

アルコール性肝障害 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、アルコール性肝障害 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS
RSS
RSS
RSS
RSS

アルコール性肝障害 について詳しく

アルコール性肝障害
【病名(ひらがな読み)】
(あるこーるせいかんしょうがい)

【概要や症状の説明】
アルコール性肝障害とは、長期間の過剰な飲酒に基き、
肝臓に障害を起こしてしまうことを言います。いわゆる肝障害
アルコールは肝臓に対して、直接的に細胞障害作用と線維増生作用を
もっています。そして、栄養因子、免疫異常、遺伝的素因などが、
肝障害の発現に影響を与えています。アルコール性肝障害の原因ですが、
アルコールが直接肝臓に影響を与えていると考えられています。
これは、摂取しているアルコールの量が問題です。摂取している
お酒の種類などは関係はありません。それと、お酒が好きな人は、
ほとんどお酒しか飲まないことが多いため、タンパク質などの
栄養不足により、肝臓を悪くしていると言われています。



【初診に適した診療科】
内科、消化器内科、胃腸科、心療内科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所、小中規模病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所、特殊専門病院、研究機関病院(大学病院など)




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.