TOPページへ

親知らずの痛み(親知らずの歯痛) について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、親知らずの痛み(親知らずの歯痛) について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

親知らずの痛み(親知らずの歯痛) について詳しく

(おやしらずのいたみ(おやしらずのしつう))
【病名(ひらがな読み)】
親知らずの痛み(親知らずの歯痛)

【概要や症状の説明】
親知らずとは、第三大臼歯のことです。親知らずの歯は、
人間の歯のうち最も遅く生えます。上下左右計4本の奥歯。
知恵歯。知歯(ちし)。
親知らずは、最も奥のところに生えるために、
歯ブラシによる清掃が行いづらく、むし歯になりやすいです。
また、完全に生えず、半埋伏に中途半端な状態が長く続くために、
周囲の歯肉を刺激し続け、歯肉が痛んだり、腫れたりする場合があります。



【初診に適した診療科】
歯科・口腔外科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
---




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.