TOPページへ

かぜ症候群(急性上気道炎/普通感冒) について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、かぜ症候群(急性上気道炎/普通感冒) について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

かぜ症候群(急性上気道炎/普通感冒) について詳しく

かぜ症候群(急性上気道炎/普通感冒)
【病名(ひらがな読み)】
(かぜしょうこうぐん(きゅうせいじょうきどうえん/ふつうかんぼう))

【概要や症状の説明】
かぜ症候群とは、くしゃみ、鼻水、鼻汁、鼻詰まり、のどの痛み、
咳、痰、気管、鼻、のど、などのカタル性炎症(粘膜の滲出性炎症)、
などが見られます。かぜ症候群のほとんどは、
ウイルス感染により起こる病気です。主に冬季に流行しますが、
夏季に流行する「夏かぜ」と呼ばれるかぜ症候群もあります。
原因となる代表的なウイルスは、パラインフルエンザウイルスや
ライノウイルス、などですが、これらは、それぞれ多くの型をもち、
この他のウイルスも関係するため、全部で400種類以上の
ウイルスが、かぜ症候群の原因となると言われています。



【初診に適した診療科】
外来診療所

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
---




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.