TOPページへ

ビタミンKを豊富に含む食品を食べても大丈夫な脳卒中予防の新薬

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、ビタミンKを豊富に含む食品を食べても大丈夫な脳卒中予防の新薬についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

ビタミンKを豊富に含む食品を食べても大丈夫な脳卒中予防の新薬

脳卒中予防の新薬に関するニュースが2011年1月22日(土)に
ございました。このニュースの内容ですが、昔から使われている
脳卒中予防薬の「ワーファリン」は、血液中の凝固成分を増やす
ビタミンKの作用を抑える薬だったので、ビタミンKを豊富に含む食品、
たとえば、納豆やクロレラなどの食品と一緒に取ることは駄目でした。
しかし、今春にも血管を詰まらせる血栓をできにくくする脳卒中を
予防する新しい薬が販売される見通しとなったとのこと。



脳卒中とは、脳動脈に障害が起こり、急に意識を失って倒れる病気です。
正式名称は、脳血管障害です。脳に障害が残ると、言語障害や麻痺などの
後遺症になる場合がある恐い病気です。脳卒中のもっとも多い原因は、
高血圧と加齢です。今回の脳卒中予防の新薬は、ビタミンKを豊富に
含む食品と一緒に摂っても大丈夫
だと言うことで、脳卒中の予防効果に
対して新しい可能性と期待がもてますね。

この脳卒中予防の新薬に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110122-OYT1T00748.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.