TOPページへ

急性動脈閉塞 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、急性動脈閉塞 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

急性動脈閉塞 について詳しく

急性動脈閉塞
【病名(ひらがな読み)】
(きゅうせいどうみゃくへいそく)

【概要や症状の説明】
急性動脈閉塞とは、手や足などの動脈が急性的に詰まってしまう
症状を言います。突然に急性動脈閉塞が発症し、早期に適切な
処置を施さなければ、最悪の場合、手や足の切断をしなければ
ならない場合もあります。急性動脈閉塞と思われる場合は、
的確な診断と迅速で適切な治療が求められます。
急性動脈閉塞の原因は、主に心臓内にできた血栓(血の塊)が、
大動脈内に流入して血管内に詰まってしまうことにより発症します。



脳や首などへ血を運んでいる血管が詰まると、脳梗塞になったり、
手足の麻痺や意識障害が発生する場合もあります。
突然に発症し早期に適切な処置を行わなければ、
手足の切断も余儀なくされます。また血行再建を行っても
再灌流障害により致命的な状態にもなるので、
的確な診断と迅速な治療が求められると言われています。

【初診に適した診療科】
外科(系)・血管外科・救急部・救命センター

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院・大学病院・救急体制・ICUのある病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
総合病院・大学病院




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.