TOPページへ

巨赤芽球性貧血 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、巨赤芽球性貧血 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

巨赤芽球性貧血 について詳しく

巨赤芽球性貧血
【病名(ひらがな読み)】
(きょせきがきゅうせいひんけつ)

【概要や症状の説明】
巨赤芽球性貧血とは、ビタミンB12、または、
葉酸(ようさん)がが欠乏し、細胞が増殖するために必要な
DNAの合成ができなくなっていて、このため、正常な赤芽球が
体内で生成されれずに異常な巨赤芽球が生成されるために引き起こる
貧血のことです。本来、細胞が増えるためには、ビタミンB12と
葉酸が必要なのですが、ビタミンB12や葉酸の摂取不良、
吸収障害などが主な原因と言われています。



巨赤芽球性貧血の症状としては、一般的な貧血と同じで、
動悸や息切れ、食欲不振、疲労感、全身の倦怠感、悪心などが
あげられます。巨赤芽球性貧血の場合、特に手術などは必要なく、
治療により、比較的短期間(おおむね1ヶ月から2ヶ月以内)で
治癒できる場合が多いです。しかし、診断の際、悪性貧血と
診断された場合は、胃癌を合併する場合もあるので注意が必要です。

【初診に適した診療科】
内科(系)・血液内科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院・大学病院・特殊専門病院・研究機関病院(大学病院)

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.