TOPページへ

筋萎縮性側索硬化症 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、筋萎縮性側索硬化症 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

筋萎縮性側索硬化症 について詳しく

筋萎縮性側索硬化症
【病名(ひらがな読み)】
(きんいしゅくせいそくさくこうかしょう)

【概要や症状の説明】
筋萎縮性側索硬化症とは、筋肉の神経線維が破壊され、
筋肉が萎縮する進行性の難病です。神経変性疾患。
運動ニューロン病の一種。ALS(amyotrophic lateral sclerosis)
とも呼ばれています。筋萎縮性側索硬化症は進行が早く、
手や足の筋力が次第に衰えて行きます。症状としては、
手足に力が入らなくなり、手が握れなくなったり、口や喉の筋肉が
衰えると飲食がしづらくなったり、ろれつが回らなくなったりします。
初発症状の多くは、片方の手指がうまく動かしづらくなり、
その後、症状がだんだんと全身に広がっていきます。



発症してから、2年から5年で呼吸筋が麻痺して自律呼吸が
できなくなってしまう場合が多いです。
筋萎縮性側索硬化症の詳しい原因は不明ですが、
脊髄や脳の運動神経の変性、自己免疫の関係やアミノ酸代謝異常が
関係するなど、いくつかの学説が発表されています。
いまのところ、治癒のための有効な治療法は確立されていません。

【初診に適した診療科】
内科(系)・神経内科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院・大学病院・特殊専門病院・研究機関病院(大学病院)

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
総合病院・大学病院・特殊専門病院・研究機関病院(大学病院)




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.