TOPページへ

魚鱗癬 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、魚鱗癬 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS
RSS
RSS
RSS
RSS

魚鱗癬 について詳しく

魚鱗癬
【病名(ひらがな読み)】
(ぎょりんせん)

【概要や症状の説明】
魚鱗癬とは、皮膚の表面の角質層が乾燥し、魚の鱗(うろこ)のような
状態になる皮膚病です。魚鱗癬は、乾皮症とも呼ばれることもあります。
症状としては、皮膚の表面が硬くなり、皮膚が剥がれ落ちます。
原因は、遺伝子の異常による皮膚表面角質の形成障害と考えられています。
魚鱗癬は、生まれたときは病変はありませんが、生後まもまくから
乳幼児期になってから発症する場合が多いです。



魚鱗癬は、伝染性はありません。魚鱗癬を大別すると、
尋常性魚鱗癬と伴性遺伝性魚鱗癬に分けられます。
どちらも遺伝性があり、尋常性魚鱗癬は優性遺伝、伴性遺伝性魚鱗癬は、
X染色体により伝えられる伴性遺伝性です。伴性遺伝性魚鱗癬が発症する
ほとんどが男性です。

【初診に適した診療科】
皮膚科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所、小中規模病院、総合病院、大学病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所、小中規模病院、総合病院、大学病院




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.