TOPページへ

急性アルコール中毒 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、急性アルコール中毒 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

急性アルコール中毒 について詳しく

急性アルコール中毒
【病名(ひらがな読み)】
(きゅうせいあるこーるちゅうどく)

【概要や症状の説明】
急性アルコール中毒とは、短時間の間に多量のアルコールや
エタノールを摂取することによって生じる中毒症状のことです。
(エチルアルコールの中毒)
主に、嘔吐や意識障害、昏睡状態、呼吸抑制、血圧低下、
体温低下などの症状が現れます。急性アルコール中毒の症状は、
血液中のアルコール濃度に比例します。
一般的に、血中のアルコール濃度が、0.4%以上になると
昏睡状態に陥り、危険な状態になると言われています。



急性アルコール中毒の主な原因はアルコール飲料(お酒)として、
多量のエタノールを摂取したことによる場合が多いです。
急性アルコール中毒の予防法としては、一気飲みはしないで
ゆっくりと飲む。アルコールの体内への吸収を遅らせるために、
食事を取りながら飲酒をするなどが挙げられます。

【初診に適した診療科】
総合病院

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
特になし




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.