TOPページへ

急性中毒 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、急性中毒 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS
RSS
RSS
RSS
RSS

急性中毒 について詳しく

急性中毒
【病名(ひらがな読み)】
(きゅうせいちゅうどく)

【概要や症状の説明】
急性中毒とは、体内に化学物質などを短期間で多量に
摂取したときに疾病状態になる症状を言います。
化学物質などを少量ずつ、長期間にわたり摂取し、
その結果、体に障害を起こす場合は、慢性中毒の分類となります。



急性中毒は、石油、灯油、ガソリン、洗剤などの誤飲や、
自然毒、薬の過剰服用などで発症する場合が多いです。
中毒物質を経口摂取により急性中毒に陥った場合でも、
吐かせていい場合といけない場合があります。
たとえば、石油やガソリンなどの揮発性のある溶液は、
吐かせると、食道の炎症などが起こってしまう危険性があります。
急性中毒が疑われる場合は、体内に中毒物質が吸収されてしまう前に
速やかに医師の適切な治療を受ける必要があります。

【初診に適した診療科】
総合病院

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
特になし




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.