TOPページへ

屈折異常 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、屈折異常 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS
RSS
RSS
RSS
RSS

屈折異常 について詳しく

屈折異常
【病名(ひらがな読み)】
(くっせついじょう)

【概要や症状の説明】
屈折異常とは、眼(眼球)が正常な屈折状態ではない状態を言います。
屈折異常には主に、乱視、近視、遠視の4種類があります。
眼(眼球)が正常な場合は、眼に見えた平行光線が特に調整なしで
網膜にピントが合います。乱視の場合は、このピント合わせができません。



近視の場合は、眼に見えた平行光線が網膜の前方にピントが合います。
逆に遠視の場合は、眼に見えた平行光線が網膜の後方にピントが合います。
遠視は、主に眼の調節力が衰え始める30代後半から40代にかけて起こり
易いと言われています。屈折異常により、眼精疲労(眼の疲労感)などの
症状も現れます。屈折異常は、症状の種類や度合いにより、
治療の期間が異なります。まずは眼科で診察と相談を受けるようにして下さい。

【初診に適した診療科】
眼科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
外来診療所、小中規模病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所、小中規模病院




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.