TOPページへ

クローン病 について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、クローン病 について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

クローン病 について詳しく

クローン病
【病名(ひらがな読み)】
(くろーんびょう)

【概要や症状の説明】
クローン病とは、消化管(小腸や大腸など)の粘膜に炎症が起き、
潰瘍(かいよう)や、びらんが生じる慢性疾患です。
クローン病の主な症状は、腹痛、下痢、下血、発熱、全身倦怠感、
体重減少、などが挙げられます。クローン病は、潰瘍性大腸炎と
似ている点が多いため、この2つの疾患をまとめて「炎症性腸疾患」と
呼ばれています。クローン病の呼び名は、米国の内科医師の
ブリル・バーナード・クローン氏(英表記:B.B.Crohn)が最初に
報告したことから。



クローン病の原因は、遺伝的要因や感染、腸管での異常な免疫反応の
ためと思われていますが、詳しい原因は解明されていません。
クローン病は主に10歳代から20歳代に最も多く発症しますが、
日本では比較的少ない疾患です。疾患者は欧米に多いことから、
欧米の食生活(脂質や動物性たんぱく質の多摂取)が
原因のひとつと考えられています。クローン病の治療のひとつとして、
食事制限が必要な場合が多く、自己管理や周囲の人たちの協力と
理解が必要です。クローン症状が安定している場合は、
通常の社会生活が可能です。クローン病は、厚生労働省の特定疾患に
指定されています。(特定疾患は、医療費の補助が受けられます。)

【初診に適した診療科】
内科(系)、外科(系)、消化器内科、消化器外科(大腸肛門科)

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院、大学病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所(肛門科クリニック)、小中規模病院、総合病院、大学病院




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.