TOPページへ

アメリカやヨーロッパで発売されている既製薬でアルツハイマー病が回復か

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、アメリカやヨーロッパで発売されている既製薬でアルツハイマー病が回復かについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

アメリカやヨーロッパで発売されている既製薬でアルツハイマー病が回復か

アルツハイマー病のマウスを使った実験で、記憶障害が回復したとの
ニュースが新聞の2011年3月3日(木)の記事にございました。
実験の内容ですが、遺伝子操作でアルツハイマー病を発症させたマウスに
アメリカやヨーロッパで市販されている既製薬で、パーキンソン病の
治療薬のアポモルフィンを週に1回ずつ、合計で5回ほど注射をしたところ、
神経細胞の機能を低下させる脳内タンパク質である、アミロイドベータが
減少し、記憶障害も回復したみたいです。



今回の実験結果で、アルツハイマー型認知症の新しい治療法の開発に
繋がるとのこと。実験結果の詳しい内容は、アメリカの神経学専門誌の
電子版に掲載されました。電子版の名称は、
「アナルズ・オブ・ニューロロジー」です。

この「アルツハイマー型認知症の既製薬で回復効果か」に
関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110303-OYT1T00034.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.