TOPページへ

子宮頸癌ワクチンが品薄のため、当分の間、新規の接種を見合わせ

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、子宮頸癌ワクチンが品薄のため、当分の間、新規の接種を見合わせについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

子宮頸癌ワクチンが品薄のため、当分の間、新規の接種を見合わせ

2011年3月7日(月)の読売新聞のニュースですが、
子宮頸がんワクチンが品薄になっている問題で、
厚生労働副大臣(小宮山洋子)が、当分の間は新規の接種を
見合わせる方針との発表があったとの報道がございました。
なお、既に公費接種が始まっている市町村では、初回の接種を
受けられない高校1年生の生徒は、高校2年生になってから
接種を受けても、「公費助成の対象」にはなるとのこと。



厚労省は昨年11月(2010年11月)に、子宮頸癌の原因となる
ウイルスの感染を防ぐ目的で、中学1年生から高校1年生を対象に、
国と市区町村が接種の費用を折半することを決定していた。
(この予防接種は、半年間に計3回行う。)
今回の見合わせの原因は、一部の地域で在庫が底をつく事態が
起きているためです。

この子宮頸がんワクチンの新規の接種の見合わせに関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110307-OYT1T00899.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.