TOPページへ

自閉症で相手の目を見ない症状は、神経伝達物質の働きが弱いのが原因

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、自閉症で相手の目を見ない症状は、神経伝達物質の働きが弱いのが原因についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

自閉症で相手の目を見ない症状は、神経伝達物質の働きが弱いのが原因

2011年3月8日(火)に、自閉症に関する研究結果のニュースが
ございました。自閉症の症状で特徴的なのは、相手の目をみないことです。
この相手に視線を合わせないことで、相手の気持ちも読めなくなっている
とのこと。研究内容ですが、脳の下側部にある、紡錘状回に注目。
(紡錘状回は、相手の表情の認識に重要な役割をしています。)



PETと呼ばれている陽電子放射断層撮影装置を使い、
この紡錘状回の働きを健常者と比較してみたところ、
神経伝達物質のアセチルコリンの働きが、健常者と比べて、
自閉症患者は、2割から4割程度弱くなっていたとのこと。
神経伝達物質のアセチルコリンの働きが弱いほど、相手の気持ちが
読めなかったとの結果に。今回の研究結果は、3月8日付の
米精神医学誌に発表したとのこと。

この自閉症で相手の目を見ない症状は、神経伝達物質の
働きが弱いに関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110308-OYT1T00575.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.