TOPページへ

頸椎椎間板ヘルニア について詳しく

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、頸椎椎間板ヘルニア について詳しくについてまとめています。






医療情報アンテナRSS

頸椎椎間板ヘルニア について詳しく

頸椎椎間板ヘルニア
【病名(ひらがな読み)】
(けいついついかんばんへるにあ)

【概要や症状の説明】
頸椎椎間板ヘルニアとは、椎間板(椎間円板)の線維輪に
ヒビが入って、なかの髄核が飛び出して脊髄や神経(神経根)を
圧迫する病気で、さまざまな神経症状が現れるのが特徴です。
頸椎椎間板ヘルニアの原因は主に、頸椎への大きな運動的負荷が
加わって起こります。頸椎椎間板ヘルニアは、30歳から
50歳代に起こりやすいです。頸椎椎間板ヘルニアの症状としては、
手や足に痛みやしびれなどが現れたり、首の痛みやコリが現れたりと
さまざまです。手や足のしびれも、片側だけがしびれていたり、
両側がしびれていたりとさまざまです。



頸椎椎間板ヘルニアは、脚がこわばって歩きにくくなる症状が
脚にも現れます。(この状態を痙性歩行と呼ばれています。)
これは、痙性麻痺の症状で、筋肉が硬直し、手指の細かな運動や
手足の運動ができない状態です。症状は午前中は軽く、
午後になるにつれて重くなって行く場合もあります。

【初診に適した診療科】
整形外科、神経内科

【初期診断/急性期治療に適した医療機関】
総合病院、大学病院

【安定期/慢性期治療に適した医療機関】
外来診療所




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.