TOPページへ

日本国内で作製したヒト胚性幹細胞を米カリフォルニア大学アーバイン校に無償提供

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、日本国内で作製したヒト胚性幹細胞を米カリフォルニア大学アーバイン校に無償提供についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

日本国内で作製したヒト胚性幹細胞を米カリフォルニア大学アーバイン校に無償提供

国内の京都大再生医科学研究所が作製したES細胞(ヒト胚性幹細胞)を
アメリカのカリフォルニア大アーバイン校に無償提供する計画が、
4月20日に文部科学省の研究専門委員会で承認されたとのニュースが
2011年4月21日(木)にございました。今回の日本の国内で作られた
ヒト胚性幹細胞を海外に分配するのは、2007年の指針改正以来、
初めてとのことです。分配の理由は、共同研究の一環としてだそうです。



基礎研究用として提供し、提供したES細胞の使用期限は、
2013年10月までとするとのこと。ES細胞(ヒト胚性幹細胞)と言うのは、
万能細胞とも呼ばれていて、血液や神経細胞、内臓や肝臓など、
人間のありとあらゆる細胞組織になる可能性があるものです。
ただ、現在は倫理的な問題もあり、ヒト胚性幹細胞の臨床応用は、
まだ厚生労働省などで検討中で、日本ではES細胞を応用した分野は、
あまり研究は進んでいないのが現状です。

この「国内で作製したヒトES細胞をアメリカの大学に
分配することを承認」に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110421-OYT1T00406.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.