TOPページへ

アルツハイマー病の原因タンパク質だけに反応する抗体を開発!発症予防に期待!

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、アルツハイマー病の原因タンパク質だけに反応する抗体を開発!発症予防に期待!についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

アルツハイマー病の原因タンパク質だけに反応する抗体を開発!発症予防に期待!

アルツハイマー型認知症の原因とされているタンパク質だけを
ピンポイントで攻撃する抗体を開発したとのニュース報道が、
2011年4月27日(水)にございました。このニュース内容ですが、
現在、アルツハイマー病が発症するのは、アルツハイマー病の
原因とされるタンパク質が脳に沈着して凝集し、脳の記憶障害を
起こすことが原因と考えられています。青森県にある弘前大の
研究グループは、この原因タンパク質だけにピンポイントで
反応する抗体を作り出すことに成功しました。



今回の実験で、週1回ずつ計36週にわたり、記憶障害発症前の
マウスにこの抗体を投与し、抗体を投与しないマウスと比較した結果、
抗体を投与した方のマススは、記憶学習能力が保たれていることが
分かったとのこと。この実験結果から、アルツハイマー型認知症の原因が、
このタンパク質にあることが裏付けられました。研究チームの教授は、
「アルツハイマー型認知症は、予防可能な病気と考えていいのでは
ないだろうか。」と言っています。今回の実験結果のレポートは、
今年3月に、米科学誌に掲載されたとのことです。

この「アルツハイマー病の原因タンパク質だけに
反応する抗体を開発」に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110427-OYT1T00422.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.