TOPページへ

知っておきたい「肝臓癌(かんぞうがん)」の危険因子と予防方法

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、知っておきたい「肝臓癌(かんぞうがん)」の危険因子と予防方法についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

知っておきたい「肝臓癌(かんぞうがん)」の危険因子と予防方法

癌(がん)は、日本人の死亡原因の第1位となっている病気です。
癌を簡単に説明すると、生体にできる悪性の腫瘍(しゅよう)のことです。
とりわけ、癌は生活習慣と関わりが強いと言われています。
肝臓癌(かんぞうがん)の危険因子を知っておき、生活習慣を改善し、
発症するリスクを減らすことで、肝臓癌(かんぞうがん)の予防に役立てましょう。



肝臓癌(かんぞうがん)の危険因子
・お酒の暴飲

・肝炎にかかっている

・タバコの喫煙

・非喫煙者でもヘビースモーカーの周りでの受動喫煙
 ※ 受動喫煙とは、他人の吸ったタバコの煙を、
   タバコを吸いたくもないのに周囲の人が吸わされてしまうこと。
   さしづめ、火を付けたまま放置されたタバコの副流煙は、
   非常に有害物質が多いので体に良くありません。

・年齢が50歳~60歳以上になったら注意

肝臓癌(かんぞうがん)の予防方法
肝臓がんの予防は、肝臓に負担をかけないようにお酒を
なるべく控えること。喫煙者はタバコの喫煙をなるべく控えること。
そして、規則正しい生活と食生活を常に心がけることです。
現在の医学では、早期発見早期治療で、ほとんどの癌は、
完治できるまでになってきています。ガンを完全に治すには、
とにかく、早期発見、早期治療が大事ですので、
年に1~2回は定期健康診断を受けることを強くおすすめします。
自覚症状が出ていない状態での癌の早期発見は本当に大切です。
肝炎にかかっている人は、必ず定期的に健康診断を受けましょう。




カテゴリ:知っておきたい危険因子と予防方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.