TOPページへ

知っておきたい「子宮癌(しきゅうがん)」の危険因子と予防方法

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、知っておきたい「子宮癌(しきゅうがん)」の危険因子と予防方法についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

知っておきたい「子宮癌(しきゅうがん)」の危険因子と予防方法

癌(がん)は、日本人の死亡原因の第1位となっている病気です。
癌を簡単に説明すると、生体にできる悪性の腫瘍(しゅよう)のことです。
とりわけ、癌は生活習慣と関わりが強いと言われています。
子宮癌(しきゅうがん)の危険因子を知っておき、生活習慣を改善し、
発症するリスクを減らすことで、子宮癌(しきゅうがん)の予防に役立てましょう。



子宮癌(しきゅうがん)の危険因子

頸癌(けいがん)の危険因子は、
・ウイルス
・性体験が早かった
・性パートナーが多い
・分娩回数が多い
  ※分娩(ぶんべん)は、胎内の子を体外に産み出すことです。
   いわゆる出産。

体がんの危険因子は、
・生理不順である
・妊娠
・出産経験がない
・ホルモン剤を使用している
・肥満である

子宮癌(しきゅうがん)の予防方法
子宮がんの予防は、年齢が若い内から、子宮がん(頸癌)の
定期健康診断を受けることが大事です。現在の医学では、
早期発見早期治療で、ほとんどの癌は、
完治できるまでになってきています。ガンを完全に治すには、
とにかく、早期発見、早期治療が大事ですので、
年に1~2回は定期健康診断を受けることを強くおすすめします。
自覚症状が出ていない状態での癌の早期発見は本当に大切です。




カテゴリ:知っておきたい危険因子と予防方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.