TOPページへ

生活習慣や食生活によるアルツハイマー予防効果は限定的との調査結果

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、生活習慣や食生活によるアルツハイマー予防効果は限定的との調査結果についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

生活習慣や食生活によるアルツハイマー予防効果は限定的との調査結果

アルツハイマー病の予防効果として、生活習慣や食生活は、
十分な相関関係が確認できなかったとの調査結果が、
2011年5月10日(火)のニュース報道でございました。
この調査結果を発表したのは、米国立衛生研究所(NIH)が
招集した専門家チームです。まず、専門家チームたちは、
アルツハイマー病の発症リスクに関して、運動習慣、食生活、
運動習慣、栄養補助食品、その他の慢性疾患(糖尿病や高血圧)、
…などがどのように影響しているか調査を行いました。



その結果、慢性疾患(糖尿病や高血圧)や喫煙がアルツハイマー病の
発症リスクを高める可能性があることを示す結果や兆候が、
一部に見られました。そして、アルツハイマー病の予防に良いとされる、
生活習慣や食生活の改善を行い、心身を健康に保つことで、
アルツハイマー病の発症リスクは引き下げられる結果が出ました。

ただ、すべての調査ケースにおいて、生活習慣や食生活による、
アルツハイマー病の発症リスクとの相関関係を十分に示す証拠は
得られなかったとのこと。

現在、アルツハイマー病は、加齢が最も有力なリスク要因と
推測されています。米国の場合は、アルツハイマー病の患者が
約540万人いますが、65歳以下の患者は全体の4%で、
75歳以上が、アルツハイマー病患者全体の9割を占めています。

この「生活習慣や食生活によるアルツハイマー予防効果は、
限定的だったとの調査結果」に関するニュース記事リンク
http://www.excite.co.jp/News/odd/E1305004694032.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.