TOPページへ

iPS細胞(万能細胞)に免疫による拒絶反応を引き起こす事例

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、iPS細胞(万能細胞)に免疫による拒絶反応を引き起こす事例についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

iPS細胞(万能細胞)に免疫による拒絶反応を引き起こす事例

万能細胞と呼ばれているiPS細胞に拒絶反応が出た事例があることが、
2011年5月14日(土)の各新聞社のニュース報道でございました。
ニュースの内容ですが、米カリフォルニア大サンディエゴ校がマウスで
実験をしたところ、免疫による拒絶反応を引き起こす例があることを、
明らかにしました。マウスの胎児に遺伝情報が同じiPS細胞を注射
したが、免疫拒絶反応が起きたとのこと。遺伝情報が同じなら、
体が免疫拒絶反応を起こさないはずなのだが、複数のマウスでも、
同じように拒絶反応が起きたとのこと。これまでは、自分自身の細胞から
作成したiPS細胞の移植では、拒絶反応が起きないと考えられていました。
今回の実験結果により、iPS細胞を使った再生医療に対して、新しい課題
が出来たと言えます。iPS細胞は、京都大の山中伸弥教授が開発したもので、
人間の体のさまざまな臓器や組織になり得る細胞のため、治療への応用で、
再生医療へ、さまざまな希望が持てる夢の細胞とも言われていました。
完全に拒絶反応がでないiPS細胞を作ることができれば、再生医療技術が
飛躍的進歩を遂げだけあって、今回の課題をクリアすることに期待したいです。



この「iPS細胞(万能細胞)に拒絶反応が出た事例」に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110514-OYT1T00190.htm
http://www.asahi.com/health/news/TKY201105130652.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.