TOPページへ

急性灰白髄炎(ポリオ)の不活性化ワクチンの承認は早くても来年度になる予定

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、急性灰白髄炎(ポリオ)の不活性化ワクチンの承認は早くても来年度になる予定についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

急性灰白髄炎(ポリオ)の不活性化ワクチンの承認は早くても来年度になる予定

厚生労働省は、2011年5月26日(木)に行われた同省の予防接種部会の会合で、
日本での導入が遅れている急性灰白髄炎(ポリオ)の「不活化ワクチン」の
認証は早くても来年度になる見通しとなることを明らかにしたとの
ニュース報道がございました。これまで海外では、急性灰白髄炎(ポリオ)の
不活化ワクチンは標準的に使われいるのですが、日本でのこのワクチンの
導入が遅れています。現在、日本で行っている定期予防接種では、
毒性の弱いポリオウイルスを使って作った生ワクチンが利用されています。



しかし、この生ワクチンは、予防接種の際、ごく稀にポリオを発症させて
しまい、手や足などにマヒが残る場合があります。このため、ポリオ発症の
危険性を避けるために、生ワクチンではない、不活性化ワクチンを海外から
個人輸入して予防接種に使う小児科医が増えてきているとのこと。
現在は、国内にある4社が、3種混合ワクチンにポリオ不活化ワクチン
加えた国産の不活性化ワクチンを開発中とのこと。これらは、今年末頃から
順次、薬事承認の申請が出る見込みです。厚生労働省は薬事承認の申請が
出た不活性化ワクチンの審査も迅速に行い、国内メーカーに対し、ポリオの
不活化ワクチンの開発を働きかけて行くとのことです。

この「急性灰白髄炎(ポリオ)の不活性化ワクチンの
承認は早くても来年度になる予定」に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110526-OYT1T00845.htm
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.