TOPページへ

手軽に人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに成功!

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、手軽に人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに成功!についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

手軽に人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに成功!

人工多能性幹細胞…いわゆるiPS細胞ですが、振りかけるだけで、
簡単に作ることに大阪大学の研究チームが成功したとのニュース報道が
2011年5月27日(金)にありました。研究内容ですが、振りかける物質は、
リボ核酸(RNA)と呼ばれている、遺伝子の働きを制御する分子の
断片を使うとのこと。この分子の断片を含む溶液を細胞に振りかける
だけで良く、簡単で安全性が高い作成方法と言えます。これまでの
ウイルスを使った遺伝子組み換え技術の手法とは違って、今回の手法は、
細胞内にある遺伝子を傷つける心配がなくなり、iPS細胞のがん化の
危険性も低いとのことです。今回の研究で、将来的には、iPS細胞
(人工多能性幹細胞)を簡単に作る試薬の開発などにも使えるとのこと。
研究成果は、5月26日付の米国の科学学誌「セルス・テムセル」
(電子版)で発表されました。振りかけるだけでいいとは、とても簡単
で素晴らしい技術ですね。iPS細胞に関する技術がいちだんと進歩して、
再生医療などで、今まで治らなかった難病が治るようになって欲しいです。



この「手軽に人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに成功!」に
関するニュース記事リンク
http://www.asahi.com/science/update/0526/OSK201105260103.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.