TOPページへ

脳梗塞で後遺症が減る新しい治療方法に期待!

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、脳梗塞で後遺症が減る新しい治療方法に期待!についてまとめています。






医療情報アンテナRSS
RSS
RSS
RSS
RSS

脳梗塞で後遺症が減る新しい治療方法に期待!

脳梗塞の治療で、血管や血液になる幹細胞を増やすための薬を使うことで、
脳梗塞の発症後の後遺症を大幅に軽減することに東海大学の研究チームが
成功したとのニュース報道がございました。このニュース報道は、2011年
5月28日(土)にありました。この研究の内容ですが、前術した幹細胞を増やす
薬は、白血病の治療にも使われている薬で、この薬を投与することで、
脳神経細胞の壊死を防いだり、脳神経細胞が再生したりする効果があり、
発症後の後遺症が大幅に軽減したというもの。
脳梗塞という病気は、
脳内にある血管が血栓(血の塊)などで詰まり、脳細胞が壊死してしまう
病気です。脳梗塞で亡くなる方は、年間8万人程度。脳梗塞を治療し、
助かっても、手や足にマヒが残ったり、言語障害になることが多いです。
今回の新しい治療方法で、短時間で、脳内の血流を回復できれば、
脳機能が戻る可能性が高まります。このため、脳梗塞の急性期と呼ばれて
いる発症後1週間から2週間の間の治療がもっとも重要とされています。
今回の研究の臨床試験として、100人規模で7月から岡山大学と
藤田保健衛生大学とで共同で臨床試験を行うとのこと。なお、今回の
新しい治療方法の研究結果は、5月28日までスペインで開催されていた
国際脳循環代謝学会で発表されました。



この「脳梗塞で後遺症が減る新しい治療方法に期待!」
に関するニュース記事リンク
http://www.asahi.com/health/news/TKY201105280152.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.