TOPページへ

胃ろうの認知症患者の約2割は食べる機能が改善することが判明

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページでは、胃ろうの認知症患者の約2割は食べる機能が改善することが判明についてまとめています。






医療情報アンテナRSS

胃ろうの認知症患者の約2割は食べる機能が改善することが判明

胃瘻(いろう)の認知症患者の約2割は、食べる機能が改善することが
厚生労働省の研究班の調査で判明したとのニュース報道がございました。
このニュース報道があったのは、2011年05月28日土曜日です。胃瘻(いろう)
とは、主に口から食事を摂ることが困難になってしまった患者に対して、
胃と皮膚に瘻孔作成し、チューブを投資て、栄養分や水などを流入させる
ことを言います。今回の調査結果から、胃ろうの認知症患者の約2割は、
食べる機能が改善することが分かり、患者自身や家族は、どの程度の割合で、
食事する機能が回復するのか推測できるようになりました。
なお、早期の
認知症患者の場合、約3割は、食事する機能が回復するとのことです。
調査の方法ですが、全国にある53カ所の中核の病院で、2006年1月から、
2008年12月までに、入ろう胃ろうの認知症患者計1353人を対象に
調べました。調査が可能だった人数は、1027人で、患者さんの平均年齢は、
81.9歳でした。調査が可能だった人数の半数は、2年4カ月以上生存。
そして、食べる機能の回復については、回答があった961人の内、18%で、
食べる機能が改善していたとのことです。



この「胃ろうの認知症患者の約2割は食べる機能が改善することが判明」
に関するニュース記事リンク
http://www.asahi.com/health/news/TKY201105280232.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)




カテゴリ:


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 Rights Reserved.