TOPページへ

医療治療ニュース

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページは、医療治療ニュースのカテゴリページです。






医療情報アンテナRSS

カテゴリ:医療治療ニュース

アルツハイマー病の原因物質の仕組みを解明!治療法の開発に期待!

朝日新聞と読売新聞のニュース記事で、アルツハイマー病原因物質
神経細胞内にたまる仕組みを解明したとのニュース報道がございました。
(このニュースは、2011年2月9日(水)のニュースです。)
ニュースの内容は、神経細胞の中の「キネシン1」という運搬役の
タンパク質があるのですが、このタンパク質が働かなくなると、
アルツハイマー病の発症に繋がる物質が末端部に溜まってしまうみたいです。
アルツハイマー病は、神経の伝達に必要なAPPというタンパク質が、
脳内の神経細胞の末端部に溜まってしまうことが原因と考えられています。
アルツハイマー病とは、加齢が進み、初老期に発症することがある
認知症の一種です。病気の進行は速く、症状としては、ひどい物忘れなどです。
ドイツの医師であった、アルツハイマー氏(A.Alzheimer)が
1907年に初めて報告したことがこの病名の由来です。



現在、アルツハイマー病の患者は国内に、約120万人いるとみられています。
この脳内の細胞にたまる仕組み解明されたことで、今後の治療法の開発に
繋げられる可能性があるとのことです。
今回の研究結果は、2月9日付の
米国の科学雑誌で発表されました。

この「アルツハイマー病の原因物質の仕組みを解明!治療法の開発に期待!」
に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110209-OYT1T00148.htm
http://www.asahi.com/science/update/0208/NGY201102080034.html
(リンク切れの場合はご了承下さい。)



カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 All Rights Reserved.