TOPページへ

医療治療ニュース

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページは、医療治療ニュースのカテゴリページです。






医療情報アンテナRSS

カテゴリ:医療治療ニュース

毛が発毛するためのきっかけ(スイッチ)をONにする物質が発見される!

体に毛が生えてくるために必要なきっかけ(スイッチみたいなもの)をONにする
物質が発見されました。これは、米国のエール大学の研究チームが実験用マウス
を使い、発見しました。実験の内容ですが、まず、研究チームは、毛根の周りに
存在している、脂肪前駆細胞という細胞に注目し、その細胞の数を調べてみた
ところ、毛が成長する直前に増えることを発見した。そして、今度は、実験用
マウスを遺伝子操作し、この脂肪前駆細胞が出来ないようにしてみたところ、
マウスの毛は成長することがなかった。つまり、毛の成長(発毛)には、
脂肪前駆細胞が関係していることが判明しました。脂肪前駆細胞の働きを
さらに良く調べてみたところ、脂肪前駆細胞は、PDGFと呼ばれている
タンパク質を作っていることが分かりました。そして、毛の幹細胞にPDGFと
呼ばれているタンパク質が毛根に作用し、毛が生えることを確認しました。
これまで、動物に生えている毛は、幹細胞が分裂したり、変化をしたりを
繰り返すことで生えていたことが分かっていました。しかし、この幹細胞が
分裂したり、変化をしたりするためのきっかけ、いわゆる、スイッチみたいなもの
が何であるのかは分かっていませんでした。今回の実験で発見した発毛を促す
仕組み
は、人間の毛髪にも同じようにあると考えられます。このため、人間にも
応用できることが期待できます。また、脱毛症の治療にも応用できそうとのことです。
薄毛脱毛症ハゲなどの悩みが解消される日もそう遠くはないのかも知れませんね。




ニュースの報道日:2011年9月26日(月)

この「毛が発毛するためのきっかけ(スイッチ)をONにする物質が発見される!」
に関するニュース記事リンク
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110925-OYT1T00742.htm

(リンク切れの場合はご了承下さい。)
  このページでは、リンク切れの場合を考慮し、ニュース元の内容を、
  管理者の感想を交えてニュースの内容を新たにまとめています。
  個人の感想とまとめのため、引用とは異なりますので、ご了承ください。




カテゴリ:医療治療ニュース 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 All Rights Reserved.