TOPページへ

知らないと損をする脳卒中の知識

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページは、知らないと損をする脳卒中の知識のカテゴリページです。






医療情報アンテナRSS

カテゴリ:知らないと損をする脳卒中の知識

脳卒中の初期症状や脳卒中の兆候(前兆)

脳卒中(のうそっちゅう)は、脳血管障害で生じる脳の病気です。脳卒中と言っても、
その種類はいくつかあり、脳梗塞くも膜下出血脳内出血高血圧性脳症
一過性虚血、…などがあります。脳卒中は後遺症が残るケースがあるため、
脳卒中における初期症状(初発症状)や脳卒中の兆候(前兆)を知り、素早く
適切な治療を行うことは、脳卒中を治す上で、非常に大事と言えます。
それでは、脳卒中の初期症状>(初発症状)や兆候(前兆)には、どのようなものが
あるのか詳しく説明していきます。


【脳卒中の初期症状(初発症状)】


脳卒中の初期症状(初発症状)は、TIA(一過性脳虚血発作)とも呼ばれています。
TIA(一過性脳虚血発作)は、症状が短時間だけ出現します。ほとんどが、
数分から数十分でその症状は消え、長い場合でも24時間以内に消えます。
一過性脳虚血発作(TIA)には、次のようなものが挙げられます。


TIA(一過性脳虚血発作)の症状
  • 急に手や足がしびれる。(片側の手や足の場合が多い)
  • 顔の半分がしびれる。
  • けいれん発作がおきる。
  • 急に頭が痛くなる。(激しい頭痛)
  • 意識障害(意識を失う)
  • 舌がもつれる。ろれつが回らない。
  • 舌がもつれて上手く喋れない。
  • 言葉を理解できなくなる。
  • 話せなくなる。言いたいことが言えなくなる。
  • 視力が消失する。(片側の視力が消失する場合が多い)
  • 片目が見えなくなったり、視野が半分になったりする。
  • 吐き気を伴う。嘔吐する。(食べたものを胃から吐き戻す)
  • めまいがする。グルグル回っているような感じがする。
  • 食事のときに、箸をよく落としてしまう。
  • うまく歩けない。歩きにくい。
  • 立っていてもバランスがとれない。
  • 半身に力が入らない。

【脳卒中の兆候がみられるのであればすぐに病院へ!】


脳卒中の種類による特徴ですが、激しい頭痛の場合は、くも膜下出血
考えられますが、脳梗塞脳出血などは、手や足の感覚の異常が多いです。
また、脳卒中症状は身体の片側に出やすい傾向があります。これは、脳の左脳と
右脳が、それぞれ、体の片側の神経を制御しているためです。身体の片側に
異常がでるようでしたら、脳卒中である可能性が非常に高いと言えます。
ただ、脳卒中の症状は人それぞれです。もし、上記の挙げた症状のいくつかが
繰り返しみられるようであれば、(急に大きな脳卒中の症状は起きず、
一時的に軽い症状が先行する場合が多い。)すぐに病院に行きましょう。
症状が軽いからと安易に考えて放っておくと、本格的な脳血管障害
発症してしまいます。




【脳卒中が発症したら行うこと】


とにかく、すぐに脳卒中の専門医療機関で治療を受けることです。
すぐに119番に電話して救急車を呼びましょう。間違っても、
脳卒中が発症したら、「安静にして様子をみる」のはいけません。
なぜならば、脳卒中は、治療は早ければ早いほど、後遺症が残ることを
防げるからです。治療が遅れると、後遺症が残ってしまったり、
合併症が生じたりしてしまいます。


関連サイト:




カテゴリ:知らないと損をする脳卒中の知識 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 All Rights Reserved.