TOPページへ

病名、症状、治療方法

病気の症状治療方法をまとめています。
最新の治療ニュース食事療法生活習慣改善療法なども紹介。
当サイトはリンクフリーです。


このページは、病名、症状、治療方法のカテゴリページです。






医療情報アンテナRSS

カテゴリ:病名、症状、治療方法

にんにくを食べ過ぎたときの症状

料理ににんにくを使うと美味しいのですが、にんにくを食べ過ぎると、
いろいろな症状が現れます。今回は、にんにくの食べすぎで起こる症状を
説明しますね。ニンニクは、疲労回復効果や精力増強、殺菌、抗菌作用
などがありますが、やはりニンニクを食べ過ぎるのは良くありません。
ニンニクを食べ過ぎると、下痢になったり、胸焼けや、頭痛、
貧血などの症状が出る場合があります。にんにく自体に非常に強い
殺菌力があるため、食べ過ぎると胃を強く刺激してしまうと言われています。


にんにくを食べ過ぎたときに現れる症状
  • 下痢(腹痛)
  • 胸焼け
  • 頭痛
  • 貧血

【にんにくを食べ過ぎると…】


よく、ラーメン店でラーメンにおろしにんにくを入れすぎて
下痢になってしまう人などを良く聞きます。確かに自分もラーメン店で、
にんにくおろしを大量に入れて、その後、お腹を壊し下痢になってしまった
苦い記憶がありました…(汗) にんにくは体に良いとのイメージが強い食品ですが、
やはり、どんなに体に良い食べ物でも、食べ過ぎるのは良くないみたいですね。




【にんにくの1日の摂取目安量】


にんにくの1日の摂取目安ですが、生のにんにくの場合は、1片程度、
加熱したニンニクの場合は、2片~3片程度が良いでしょう。
(もちろん個人の体質にもよります。) ちなみにニンニク料理を食べた後に、
口臭を防ぐには、牛乳やコーヒー、お茶、紅茶などが有効です。
にんにくは、適正な量を食べる分には、健康に役立ちますが、
やはり、どんなに体に良い食べ物でも、食べ過ぎることは良くありません。
「過ぎたるは及ばざるが如し」ですね。




カテゴリ:病名、症状、治療方法 


サイト内検索



「病気の症状と治療方法まとめ」のTOPページへ



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、内容、記事、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) 「病気の症状と治療方法まとめ」 All Rights Reserved.